海外の取引所の使い方 - 今更聞けないビットコインの使い方

HOME » ビットコインの全知識 » 海外の取引所の使い方

海外の取引所の使い方

ビットコイン人気は今、日本でも随分と出てきて、マーケットも1年前に比べたら拡大していますが、海外での仮想通貨市場はどのようになっているのでしょう。
そして日本で海外のアルトコインなどに挑戦するには、どのような取引所の使い方ができるのでしょう。
ここでは、海外の仮想通貨取引所についてご紹介していきます。

仮想通貨マーケットの日本と海外との違いは、何といってもアルトコインの種類の多さです。
数百種類はある、アルトコインからは、これから50倍や100倍といった価値が見いだされる可能性のある、宝の山です。
海外での仮想通貨取引の魅力といったら、今はまだその価値が見いだされていないアルトコイン、言わば宝石の原石を発見することだと言えます。
ただそれだけに、リスクも大きく一攫千金的な投資をして、失敗してしまう可能性もまたあります。
なかには詐欺まがいのコインもあり、海外の取引所を利用する場合には、取引をしようとするアルトコインのバックボーンを知ってから購入する方が安全です。

そして、海外の仮想通貨の変動も、現在の日本の変動とは大きく違いがあります。
海外の仮想通貨取引では、大きな取引が入ると、一気に変動の幅が上下するので、高く上昇したかと思えば一気に下がってしまうこともよく起こります。
言わば暴落状態ですね。

さらにセキュリティ面に於いても、例えば国内大手の取引所のCoincheck(コインチェック)では、盗難時の補償も上限がありながらついています。
しかし海外取引所は、盗難補償がほとんどなく、トラブル時の対応は取引所によってまちまちです。
そしてそのほとんどが、英語対応なのでトラブルが発生した時に英語が使えないとなると、その処理は困難かもしれません。
海外で取引をしようと思ったら、英語が使えることは必須の条件でしょう。
ですので、海外取引に挑戦する場合には、多額のコイン取引はなるべく避けて、少額から様子を見つつ、行っていくことが肝心です。

でも確かに、海外の仮想通貨は、多種多様なアルトコインが手にはいり、価値の出るとしたら高額の価値になるわけなので、海外マーケットは宝の山のように魅力的なことは事実でもあります。
つまり、日本よりもさらに海外の仮想通貨取引には「自己責任」で行う部分が強いということです。

海外で取引をする場合の使い方は、海外のアルトコインを購入するわけですので、日本円を変換する方法を考える必要があります。
一番手っ取り早く確実な方法は、国内で日本円をビットコインに変換して、そのビットコインで海外の取引所と取引を開始すればいいのです。
ここで注意しておきたいことは、海外の取引所への登録には、本人確認は必須ですので、あらかじめパスポートなどの通用する身分証明書類を準備しておくことをおすすめします。

そして、日本人が多く取引している取引所を利用することも安心できますね。
「Bittrex」や「Kraken」などは海外でもメジャーな取引所なので、挑戦してみるにはおすすめです。