安心!ウォレットの賢い使い方 - 今更聞けないビットコインの使い方

HOME » ビットコインの全知識 » 安心!ウォレットの賢い使い方

安心!ウォレットの賢い使い方

ビットコインをはじめるには、ビットコインを購入するその前に、用意しておきたいものがあります。
購入したビットコインなどの仮想通貨を、保管しておくための言わば、財布の役割を果たすもので「ウォレット」と呼ばれるものです。
ウォレットの使い方は、お財布代わりのように使うもの。
ですので保持する仮想通貨の資産を守らなければなりません。

ですから、ウォレットには高いセキュリティ性が要求されます。
ウォレットに対する脅威は何通りか考えられます。
ビットコインなど仮想通貨は、データ上の資産なのでまずは、サイバー攻撃などの不正アクセスによるサイバーアタックです。
そしてウォレットアカウントを紛失してしまうこと。
さらに情報漏洩による、持ち出しなどが考えられます。
ですのでウォレットはこれらの脅威を考慮したうえでの、つくり方が必要です。

また、ビットコインなどの仮想通貨を購入して、そこそこ残高が高くなり出したら、やはりショッピングなどで使いたいですよね。
そこで、ウォレットにはリアル店舗などでも手軽に決済できるような、利便性の高い機能もあると嬉しいですね。
つまり、ビットコインを始めるため最初につくっておきたいウォレットには、セキュリティの高さと、使い勝手のよい利便性の、2方向からの機能が果たせるような、つくり方が要求されるわけです。

この点を、考えるとウォレットのつくり方として仮想通貨を分散させて、保管・管理する方法が考えられます。
この方法で作る場合、目的別にウォレットをつくります。
例えば、コインを長期間保管しておくための、普段はそんなに出し入れしなくていいような、それはオフラインウォレットで紙ベースでやり取りのできるものを1つつくります。
また別の目的として、投資目的など常に出し入れして、さらにその保有額は増えていくような使い方のためのウォレットで、オンライン上で使う、取引所などで扱っているWebウォレットです。
そして日常の、ビットコイン取扱店などで決済するためのウォレットで、アプリウォレットやバンドルカードです。

要するにビットコインとは、その使い方も多様で、日々のなかで投資をするために価格の状況を把握しながら、売ったり買ったりというような投資活動をしたり、街に出たとき、ビットコイン取扱店での、ショッピング決済時に、ビットコインで決済を済ませたりするシーンがあったりもするのです。
ウォレットもまた、多種多様な仕様のものが出回っているので、自分の使うシーンによって何個かつくっておけば、それが分散保管にもなりセキュリティ上もうまい具合に機能してくれる、一石二鳥にもなり得る、賢いウォレットのつくり方になります。

普段はそんなに出し入れしない、長期的保管しておけるオフライン上でつくる、紙ベースのウォレットは、コインが入金したら同時にオフライン上の、例えばソフトやアプリに移し、そこから通貨情報を印刷して保管するようになります。
このウォレットは、この紙に全ての情報が記載されている大切なものなので、絶対なくすことのない特別な場所への保管が大切です。