ビットコイン取引は安全か? - 今更聞けないビットコインの使い方

HOME » ビットコインの全知識 » ビットコイン取引は安全か?

ビットコイン取引は安全か?

現在、ビットコイン取引は、1BTCが150万円くらいの価値を生んでいます。
ビットコインは、約1年間でこれだけの高騰を見せていますが、今後さらに20倍は上昇し、1000万円くらいまで、高騰するという予測も出ています。

ビットコインをはじめようとする時に、安全なビットコインの使い方を知ることは、せっかく手に入れた資産を守るためには大切です。
それはつまり、まずビットコイン取引の危険性を、事前に知っておくことでもあるわけです。
ビットコインの考えられる危険性を知り、その危険を冒さない使い方をしていけば、安全なビットコイン取引を続けられますよね。
では、ビットコインには、どのような危険性が孕んでいるのでしょうか。

ビットコインの危険というと、MTGOX事件が思い浮かびます。
マウントゴックス事件とは、仮想通貨取引所であるマウントゴックスが、保有していた顧客の保有データ、つまりビットコインがハッキングにより消失した、というものです。
およそ114億円に上る被害額だったそうです。
犯人は、同社社長のマウントゴックスが逮捕され、事件は解決したのです。

この事件を契機に、ビットコインという名称と共に「仮想通貨の危うさ」もまた印象づけられた一件でした。
その後、ビットコインは、今日の人気ぶりを見せるわけですけれども、ビットコイン取引の最大の危険は、このインターネット上でのハッキングなどサイバーアタックです。

事件当時、MTGOXへ預け入れていた顧客のビットコイン資産を、例えば、オフライン上で保管していたならば、またハードウェアウォレットに保管していたならば、あの事件は起こらなかった可能性はあります。
そして、オフライン上へビットコインを移し、紙ベースで通貨情報を手元に置いていた場合や、ハードウェアウォレットに保管していた場合に、サイバーアタック的犯罪の被害に合う可能性を考えてみると、ほとんどゼロに近いくらいの安全性といえるのではないでしょうか。
つまり、ビットコイン資産のすべてを、オンライン上へ長期間保管しておくことは、危険度の高い保管だということなのです。
ですから、このサイバーアタック的犯罪の被害から守る、自分なりの施策を施すことで、ビットコインは安心して行えるわけです。

ビットコインは、通貨取引を楽しむためのものなので自己責任の元、楽しんでいきたいものです。
そのためには、さまざまな安全対策を取りながら行えば、ビットコイン取引は安全に行えるというわけです。

マウントゴックス事件をきっかけに、現在ではコインビットの使い方の、方法論もいろいろと考えられてきていますし、またセキュリティ面も格段に向上しています。
さらに、当時との違いはSMSベンチャーキャピタルや、三菱UFJキャピタル株式会社などの、大手企業の出資が相次ぎ、大手資本が入ることでセキュリティ面が数段向上していることも見逃せません。

このビットコインなどの仮想通貨取引の隆盛は、単なるブームとは、言えない様相を相してきています。
安全な使い方を、自分の使い勝手の良さと併せて考えながらプランを立てて行えば、トラブルもなくストレスフリーに続けられることでしょう。