ビットコインプリペイドで重宝に - 今更聞けないビットコインの使い方

HOME » ビットコインの全知識 » ビットコインプリペイドで重宝に

ビットコインプリペイドで重宝に

ビットコイン取引所には、プリペイド機能を提供しているところも多くあります。
プリペイド機能は、ビットコインの使い方として、日常をとても便利にしてくれるもので、登録しておくことを、ぜひおすすめします。

そのプリペイド機能の使い方ですが、まず各プリペイドを取り扱っている取引所サイトから、プリペイドカードをつくります。
そこへ日本円で1回につき3万円、この額は大手取引所のCoincheck(コインチェック)もbitFlyer(ビットフライヤー)も変わりません。
そして上限は100万円とされています。

このプリペイド機能は、仮想通貨で取引をして出た利ざや、つまり利益の分を日常のショッピングや飲食に使おうという目的から、つくられているので、1回につき日本円で3万円というのも、使い過ぎを防いでくれてありがたいですね。
今まではその都度、日本円に換金するための銀行手続きなどでめんどうだったのが、このプリペイド機能があれば、いつでも仮想通貨から日本円に、シームレスで換金できるのでとても重宝します。
このプリペイドが使えるのはVisa取扱店のみです。

使い方は、まず登録している取引所サイトからプリペイドカード申し込み画面で、申し込みを済ませます。
プリペイドは、Web上アプリにもできますし、またカードとして申し込めば数百円でつくれてしまいます。

Coincheck(コインチェック)でいうと、スマートフォンに「バンドルカード」iOSアプリをダウンロードします。
そのバンドルカードアプリを使って、仮想通貨チャージが行えます。
ビットコインを選べば、ビットコイン残高から日本円へ、アルトコインを選べば、アルトコインの残高から日本円へチャージが可能です。
チャージは、1000円単位で1回につき3万円まで。
月12万円を限度とし、累計チャージ上限額は100万円です。
チャージは何回でも可能となっています。

また、リアル店舗で利用できるプラスチックカード発行には、発行手数料300円が必要です。
このバンドルカードは世界200カ国、4千万店以上あるVisa加盟店で利用することができるので、仮想通貨から生み出された利益の有効活用としてとても重宝ですよね。
このCoincheckのバンドルカードのつくり方は、bitFlyerでもほとんど同じです。

プラスチックカードをつくった場合には、カード残高はスマートフォンなどのアプリ上で確認でき、チャージしたい場合にも、そのままアプリ上から仮想通貨を、日本円に変換してカードへチャージすることができるので、シームレスに使えてリアルショップでの支払いにはとても重宝します。
ですので、ビットコインなどの仮想通貨の使い方として、取引所へ登録した時点で、一緒にプリペイド機能も使えるよう登録し、プリペイドアプリをダウンロードしておいたり、カードとしても使えるようバンドルカードをつくっておくことは、おすすめの仮想通貨の使い方です。