ビットコインの仕組みを学ぶ - 今更聞けないビットコインの使い方

HOME » ビットコインの全知識 » ビットコインの仕組みを学ぶ

ビットコインの仕組みを学ぶ

ビットコインは、インターネット上ですべてのやり取りをするわけですけれども、その仕組みは一体、どのようになっているのでしょうか。
ビットコイン取引をする上で、仮想通貨といわれる通貨の流れなどが理解できていると、取引所などの使い方や、さまざまな場面での対処に、自ら取り組みやすくなるので、基本的な仮想通貨の仕組みは知っておくとよいでしょう。

まず、ビットコインとは、インターネット上ですべてのやり取りを行う、データ上の通貨のことで、まさに「仮想」の「通貨」といわれる所以でもあります。
この仮想通貨は、2008年にサトシ・ナカモトと呼ばれる未だに正体不明とされる人物の論文発表によって、翌2009年にその仮想通貨ビットコインは、設計運営がはじまりました。

その仕組みは、ビットコインと呼ばれる仮想通貨を取り扱う、インターネット上の取引所から、各国の法定通貨で購入します。
その購入した仮想通貨を使って、例えばビットコイン導入店でショッピングを行い、その決済をビットコインで済ませる、ということが可能です。
また、インターネットサイトでの取引所からは、法定通貨との差を利用した投資取引も可能です。

そのビットコインの1つ1つの取引は、インターネット上で公開されていきます。
この公開されることが、ビットコインの管理システムにもなっているのです。
つまり、このビットコイン取引の公開は、円やドルの中央銀行の役目と同じことなのですね。

そして、このビットコイン取引の公開作業を「マイニング(採掘)」と呼び、その公開作業をする人は「マイナー(採掘者)」と呼ばれています。
マイニングは、ブロックチェーンというIT技術で行われており、このブロックチェーンは、日々の10分間ずつの取引を、1つのブロックに区切り、その1つの10分間分の取引内容を公開させて、また次の10分間の取引内容を公開させていく、ということを毎日24時間続けているのです。
この公開作業は、競争形式で行われています。
誰が一番早く、正解の公開内容をつくれるか、を競っているのです。

それだけ公開するには複雑で、高度なIT技術が使われています。
そしてその競争に勝ち抜いたトップマイナーには、ビットコインを報酬として贈られます。
また、そのトップマイナーへの報酬は、ビットコインの発行にもなっているのです。
つまりこの、マイニング作業が、マイナーへのビットコインの報酬でもあり、その報酬はビットコインの発行という、増資の役目も果たしているのです。

この報酬として発行されるビットコインは、2140年までと、終了時期が決められています。
そしてその、終了時点でのビットコインの総量は、2100万ビットコインということです。
ビットコインには、終了時期と発行総量があらかじめ決まっているのですね。