ビックカメラで利用してみる - 今更聞けないビットコインの使い方

HOME » ビットコインの全知識 » ビックカメラで利用してみる

ビックカメラで利用してみる

ビットコインの使い方の一つに、ショッピングでのビットコイン決済があります。
今は、どこでもビットコイン決済ができるわけではありませんがビックカメラでは、支払い時にビットコイン決済を実施しています。
ビックカメラで買える商品、家電、インテリア、おもちゃや日用雑貨まで、ビックカメラの取扱商品なら何でも、インターネットサイト上のビックカメラ商品の購入金額10万円という、上限付きでビットコイン決済ができます。

そしてこのビットコイン決済は、仮想通貨取引所のbitFlyer(ビットフライヤー)を経由させた支払い方法になっています。
つまりビックカメラでのショッピング決済には、bitFlyer取引所への登録を前提としているのです。
bitFlyerとビックカメラとの提携で実現しているのですね。
ですから、ビットコインを使ってビックカメラでショッピングを楽しもうと思ったらまず、bitFlyerへの登録が必要となります。
では、「ビックカメラ.COM」などのビックカメラのインターネットサイトから購入する方法をご紹介します。

まずはじめに「お支払方法選択画面」で、クレジットカードや銀行振り込み、郵便振替やコンビニ、ネットバンク・ATMなど、支払い方法の選択肢に「ビットコイン」がありますので、選択して注文確定ボタンを押します。
次に、注文完了画面の表示から、bitFlyerのビットコイン決済に関する確認画面が表示されるので、これに「了承する」のボタンを押すと、今度はbitFlyerからの支払い手続きが開始されます。

画面は、ビットコインウォレットとbitFlyerログインの、どちらから手続きを行いたいかの選択肢が表示されます。
ウォレットを持っていたらウォレットを、ログイン画面から請求された金額を支払うのなら、画面から「支払う」ボタンを押すと、bitFlyerでの支払いが完了されます。

つまり、ビックカメラでショッピングをする場合、ビックカメラ画面から商品の支払いをまず、ビットコイン決済で済ませ、続いてbitFlyerからの支払い画面に移動したら、ビックカメラから請求された金額をビットコインで支払います。
これで全ての、ビックカメラでのビットコインを使ったショッピングは完了、という2段階の流れになります。

そして、ビックカメラのリアル店舗でも、ビットコイン決済はもちろん可能です。
店舗決済の場合は、bitFlyer以外の取引所からの決済もできますが、その場合には取引所によって手数料が発生することがあります。
bitFlyerウォレットでの決済であれば、手数料は無料で行えます。

さらにリアル店舗のビックカメラでのビットコイン決済では、利用上限額が30万円まで利用可能です。
この上限額は、ビックカメラのネット利用とリアル店舗利用での違いです。
ビックカメラのリアル店舗でのショッピングには、現金払い同様にビットコイン決済についても、10%ポイントサービスも提供しています。
またビックカメラ以外にも、コジマ・ソフマップのリアル店舗が一部で利用することができます。